ADHDについて

ADHDの治療ADHDの治療

ADHDの治療は「心理社会的治療」と「薬物治療」に分けられ、一人ひとりに合った治療計画を立てます。 まずは、環境調整などの心理社会的治療から始めて、対人関係能力や、社会性などが身につくような支援を行い、必要に応じて薬物治療も一緒に行います。

ADHDの心理社会的治療

ADHDと診断されてまず検討されるのが、この「心理社会的治療」です。心理社会的治療の一部を紹介します。

環境調整

本人の困難さに沿って、生活しやすいように周囲の環境を工夫することを「環境調整」といいます。例えば、忘れ物がないように次の日学校に持っていく物リストを作り、親子で一緒に確認する、授業中にさまざまな刺激を受けにくい席にする、などの対応が考えられます(「全ての子どもが過ごしやすい学級づくり」の詳細はコチラ)。

行動療法

望ましい行動ができたときには褒めるなど、子どもにとって好まれるフィードバックを行い、望ましい行動を強化させます。望ましくない行動については、その行動を強化してしまうようなフィードバックを避けます。あるいは、その行動に先行する状況やきっかけが生じない方法や、行動の後の対応への工夫を検討します。

ソーシャルスキル・トレーニング(SST)

社会や周り(ソーシャル)とうまく関わっていくために必要な技術(スキル)を身につけるためのプログラムです。最近は療育の場や医療機関だけでなく、教育現場でも広まりつつあります。人とのやり取りや感情のコントロールの仕方、学校生活の送り方などを、指導者と一対一や小集団グループで学びます。

ペアレントトレーニング

同じ悩みを持つ保護者が集まり、行動療法の理論に基づいて子どもの行動を理解し、関わり方を知るプログラムです。子どもの適切な行動を増やすとともに、不適切な行動を減らしていくような関わりを学んでいきます。親子のやり取りがスムーズになり、保護者のストレスが軽減されることも目的の一つです。最近は医療機関だけでなく、自治体全体で子育て支援の一つとして取り組む地域も出てきています。

イラスト1:ADHDの心理社会的治療

ADHDの薬物治療

薬物治療は、環境調整などでは改善が困難である場合、心理社会的治療と並行して実施される治療です。
ADHDの薬は、脳機能の働きを助け、特性によって現れる症状を和らげることを目的に使われます。症状を緩和することで、さまざまなスキルを習得しやすくなるというのも利点です。

現在、日本でADHDに使われている薬は、6歳から処方することができます。処方する際は、医師は十分にその効果や副作用について説明をします。
なお、薬は、ずっと飲み続けなければならないというものではありません。薬の減量や中止は本人の状態と周囲の人たちが本人の特性を理解しうまく対応できている状況の2つが長期間持続している場合に検討されます。
こういった状況を把握するためには、毎日の学校での様子を記録するなど、教師の協力が重要となります。

イラスト2:ADHDの薬物治療

監修(五十音順)

  • 奈良県立医科大学医学部看護学科人間発達学 教授 飯田 順三 先生
  • 名古屋大学医学部附属病院親と子どもの心療科 准教授 岡田 俊 先生
  • 筑波大学理事 宮本 信也 先生
このページのトップへ
ADHDについて
はじめに 神経発達症群(発達障害)とADHD(注意欠如・多動症) ADHDとは? ADHDに伴いやすい事象 ADHDと二次障害 ADHDの特性の受け止め方 ADHDの診断 ADHDの治療
保護者とのコミュニケーション
ADHDの疑いのある子どもの保護者の思いを知る ADHDの疑いのある子どもの保護者への接し方 ADHDのある子どもの保護者の思いを知る ADHDのある子どもの保護者への接し方 ADHDのある子どもの保護者との協力・信頼関係の構築 周りの子どもの保護者への理解・協力の求め方
学校内・外の連携
学校内での連携 学校外での連携
ADHDのある子どもへの対応
ADHDのある子どもの行動の理由を知る その子への理解を深めるためには ADHDの特性に応じた関わり方 ADHDのある子どもに関わる上で意識したいこと 薬を服用している子どもへの対応
学級運営のコツ
周りの子どもへの対応 全ての子どもが過ごしやすい学級づくり 個別対応の際に注意したいこと

本サイトのご利用に関しましては、必ず利用規約をご確認ください。本サイトを引き続き閲覧いただく場合、利用規約に同意したものとみなさせていただきます。さらなる情報をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

続ける