ADHDについて

ADHDとは?ADHDとは?

主な特性は「不注意」「多動性・衝動性」

ADHDの主な特性としては、「不注意」「多動性・衝動性」が挙げられます。子どもであれば、どの子にも多かれ少なかれこのような特性がみられるものですが、ADHDは、不注意、多動性・衝動性が社会的、学業的、職業的活動に悪影響を及ぼす場合に、一定の基準をもって診断されます。それぞれの特性から生じる事象について、その具体例をみてみましょう。

「不注意」

忘れ物やなくし物が多い

話しかけても聞いていないようにみえる

約束などを忘れてしまう

すぐに気が散ってしまう

細かいことを見過ごしてしまう(ケアレスミスが多い)

課題や遊びなどを途中でやめてしまう

物事をやり遂げることができない

順序立てることや整理整頓ができない

コツコツやること(勉強など)を避けたり、いやいや行う


など

「多動性・衝動性」

手足をそわそわ動かしている

授業中に席を離れてしまう

じっとしていられない

静かにできない

急に走り出す

おしゃべりが過ぎる

質問が終わる前に答えてしまう

順番を抜かしてしまう

友達のしていることをさえぎる


など

育て方やしつけは原因にならない

子どもに落ち着きがなかったり、公共の場で騒いだりすると、「親がちゃんと叱らないから」「しつけがなっていないから」「とてもわがままな子だ」「わざと人の嫌がることをする」などと周囲から思われがちです。
しかし、ADHDは脳の機能のかたよりにより、注意や行動をコントロールすることが難しくなる状態であり、子育ての失敗やしつけの不足によるものではありません。親は、子どもを動機づけたり、しつけたりすることに非常に苦労しています。また、子どもが自分なりに精一杯気を付けたとしても、自分自身をコントロールしきれません。親のせいでも、子どものせいでもない、というところから理解していくことが大切です。

ADHDの特性の現れ方

調査によってばらつきはありますが、海外の研究1)にて、18歳以下でのADHDの有病率は約5%であることが報告されています。ですが、その現れ方は人によってさまざまで、例えば成長とともに多動性・衝動性が目立ちにくくなる場合もあります。また、ぼーっとした様子はみられても、友達と目立ったトラブルを起こすようなことが少ない場合には、特性に気づかれないこともあります。その子が何に困っているかを注意深く見て、支援につなげていく必要があるでしょう。

1) Guilherme Polanczyk et al.: The worldwide prevalence of ADHD: A systematic review and metaregression analysis. Am J Psychiatry. 164(6): 942-948, 2007

イラスト1:ADHDとは? イラスト2:ADHDとは?

監修(五十音順)

  • 奈良県立医科大学医学部看護学科人間発達学 教授 飯田 順三 先生
  • 名古屋大学医学部附属病院親と子どもの心療科 准教授 岡田 俊 先生
  • 筑波大学理事 宮本 信也 先生
このページのトップへ
ADHDについて
はじめに 神経発達症群(発達障害)とADHD(注意欠如・多動症) ADHDとは? ADHDに伴いやすい事象 ADHDと二次障害 ADHDの特性の受け止め方 ADHDの診断 ADHDの治療
保護者とのコミュニケーション
ADHDの疑いのある子どもの保護者の思いを知る ADHDの疑いのある子どもの保護者への接し方 ADHDのある子どもの保護者の思いを知る ADHDのある子どもの保護者への接し方 ADHDのある子どもの保護者との協力・信頼関係の構築 周りの子どもの保護者への理解・協力の求め方
学校内・外の連携
学校内での連携 学校外での連携
ADHDのある子どもへの対応
ADHDのある子どもの行動の理由を知る その子への理解を深めるためには ADHDの特性に応じた関わり方 ADHDのある子どもに関わる上で意識したいこと 薬を服用している子どもへの対応
学級運営のコツ
周りの子どもへの対応 全ての子どもが過ごしやすい学級づくり 個別対応の際に注意したいこと
相談機関検索

本サイトのご利用に関しましては、必ず利用規約をご確認ください。本サイトを引き続き閲覧いただく場合、利用規約に同意したものとみなさせていただきます。さらなる情報をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

続ける